FC2ブログ

仕上げ二スからの長い道のり

ちょっと前に、いただいたコメントへのお答えで、私は作品が完成するまで
完成した事に気が付かない、ということを書いたのですが、それを読んだ
友達から「仕上げ二スを塗った、とかよく言ってるよね?なら、二スを塗っ
たら完成とかって分かるんじゃないの?」と言われたのですが。。。

「仕上げ二ス」、もちろん工程として一番最後です。
でも、私がミニチュアの花に「仕上げ二ス」を塗ると、かなりの確率で何か
問題が起こってしまうのです。
変形する、ホコリがつく、隣どうしのパーツがくっついて離れない。。。
「仕上げ二ス」でダメにしてしまったお花は数知れません(T T)
だから、仕上げ二スを塗る時に「これを塗ったら完成だ!」という気など
全くしないのです。

↓最近二スでダメにしたもの。
 左のは、くっついたホコリを取ろうとして花びらに穴をあけてしまった...
右のは、二スを塗って、さあドライヤーだ!というタイミングでやってきた
 宅急便の応対をしているうちに形くずれしてしまった...

CIMG5909.jpg

二スでおかしくなったところを修正するのはけっこう大変です。
例えば、花びらに小さなホコリの繊維がついた時は、細い筆の先でなでて取る
のですが、粘土が薄いので、これだけで形が崩れてしまったりします。
その崩れが修正出来ない場合は、仕方ないのでその花びら1枚を切り取って
(この作業で周りまで傷つけてしまい、ボツになる事も...)、新しいものと交換
します。
周りと形状が合うように新しい花びらを作って、色を塗って...と、長い道のり
が始まるのです(^ ^;)


ところで、「直径5ミリの場所にピンポイントで当たるスプレー二ス」みたいなの、
どこかに無いでしょうかね?
そういう物があれば、二スの失敗がぐっと減って助かるのですが。。。



>あんたまさん、拍手コメントをありがとうございます!

はい、意外と色々あるんですよ~(^ ^;)
あ、でも、全ての花に二スを塗る訳ではないんです。
性質の弱い樹脂風粘土を使った時とか、ツヤを出したい時とかだけなんです
けどね。


>鍵コメントSさん、拍手をありがとうございます!

コート剤(うふふ...)を塗ったらブレードがほどけて作業がパーという、
その時のSさんのお気持ちと同じですよ~(^ ^;)
物を作ってると、色々ありますね。

パンチ穴!いいかもです!!
さすがSさん、思いつきそうで思いつかないアイデアです。
ぜひ試してみたいと思います(^ ^)





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ニス塗りというのは自動車模型で言うところのボディのクリヤーコートに当たる物かと思いますが、そのタイミングには違いがあるようですね。
クルマの場合、ボディのクリヤーが仕上がったあとに各部品の組立てとなりますが、その時点でのキズ付きとか汚れには神経遣いますね~(もちろんクリヤー吹きのときのホコリや異物の附着が一番怖いですが^^;)
いずれにしても、仕上げ工程でのリカバリーではやはり苦労されているんですね。

直径5ミリにピンポイントのスプレーですが… エアブラシでは可能なような気もしますが、でもエアの圧力で繊細な花びらなどはやられちゃいますかね。

>エヌエフさん

おはようございます!
車、クリヤーコートが終わってからの組み立ててって、想像しただけで緊張
してしまいます。エヌエフさんの作品は、そこまでに至るまでの手間と時間
がハンパじゃないですから(^ ^;)
そして、やはりホコリには悩まされていらっしゃいますか。。。
いくらお掃除しても、静かに動くようにしても、どこからか降って来てしまう
んですよね。

リカバリー、私の場合は初めから作り直した方が早いのではないかという場合
も無理してやってしまうものだから大変になってしまうんですけど....(^ ^;)
「ダメだ」と思えば完成寸前の車でもシンナーのお風呂に入れるエヌエフさんの
のような潔さが、私にも欲しいです。

エアブラシ、実は使った事が無いんですよ。前からすごく気になってはいるん
ですが。
今度詳しく調べてみようと思います。アドバイスを有難うございました!

ところできのうのコンテスト、4位なんて素晴らしいですね。
次回は優勝をめざして、がんばってください!(^ ^)



No title

完成までいろんな苦労がありますね。
上の写真は素人から見たら何も問題がないように見えますが・・
ざりあんさんの場合と少し違うかも知れませんが、
最後の仕上げに余分な縫い代をもカットしたり、糸きりをしますが、
その時はちょっと緊張します。
あの、じょリっといやな音・・・表の生地を傷つけてしまうことがたまにあるんです。完全に完成してしまっている場合は、作り直す方が早いので、また同じ工程を繰り返すことになってしまいます。これがコートやジャケットだったりするとショックも大きいです。
こんなこと繰り返しながら、毎日机に向かってます。

> *motitukiusagi さん

じょりっ....(ひいい~~~っ!)
想像するだけで恐ろしいです!
完成してからやってしまう事もあるんですね?
縫い物の苦手な私だったら、その場で卒倒してしまいそうですよ(- -;)

*motitukiusagiさんのお洋服、縫い代も狭いから「ちょっと」ずれても
えらい事になってしまいますよね。
コートやジャケットだと、裏地とかもあるし、1からやり直しって
きつすぎる。。。

ブログを拝見していると、苦も無く超絶技巧をこらしたオシャレな
お洋服を作りあげていらっしゃるように見えますが、やはり陰では
様々な苦闘がくり広げられているのですね。
こういうお話を伺うと、励みになります。

でも、「やだもおっ!(T T)」という思いをしながらも、それでも
作り続けちゃう。。。
こんなに大好きな事があって、お互い幸せですよね~?(^ ^)

プロフィール

ざりあん

Author:ざりあん
ミニチュアフローリスト
(Miniature Florist)
神奈川県在住
主に花関係のミニチュアを作っています。

↓インスタグラムはこちら。
Instagram

メールはこちらからどうぞ。

申し訳ありませんが、只今オーダーはお受けしておりません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
fc2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR